これからの農業のこと、もっと知ろう

農業の現状と今後について

現在、農業に従事する日本人の数が減少し、深刻な後継者不足に苦しんでいる所が数多くあります。
また、不安定な天候や同業他社との競争を考えながら業務をしなければならないため弱小の農家は生き残りが難しくなっています。
昨今、急速なグローバル化によって外国から安価な農業製品が日本に大量に入ってきています。
日本の農業は外国との競争にも勝たなければならない状況に追い込まれています。
外国との競争に負けないために価格で勝負をせず、安全性や品質で勝負する日本の農家が出て来ています。
今後、日本の農業が以前の活性化するためには空いている土地を積極的に活用し、質の高い商品を市場に流通する事です。
安全性や付加価値を前面に出し、より多くの消費者を安心させる事が出来れば安定した経営を続ける事が出来ます。
価格では外国産に対応する事は難しいですが、個のニーズに合った商品を数多く流通させる事が出来れば外国産にも対抗が可能です。
現状は楽観視出来ないです。
しかし、創意工夫を続け、セールスポイントを見つける事が出来れば日本が優位に立つ事が出来ます。
諦めずに粘り強く良い商品を作り、安定的に供給する事が非常に大切です。
日本の良さを知ってから動くべきです。

国連食糧農業機関(FAO)について

国際連合の中には様々な専門機関が置かれていますが、その1つに「国連食糧農業機関(FAO)」という機関があります。
本部はイタリアのローマに置かれています。
同機関の目的は、世界中の飢餓を撲滅し、農業生産と食糧分配の改善を図り、これにより人々の生活を向上させることにあります。
同機構はこうした理念に基づき、発展途上国が農林水産業の分野で技術改善を進めることにより、そこに暮らす人々がより栄養価の高い食物を入手できるよう援助しています。
また、先進国に暮らす人々に対しても世界のこうした現状に目を向けさせ、国際社会に対して注意を喚起するための活動も行っています。
例えば、2005年に国連食糧農業機関(FAO)は、毎年約500万人の子どもたちが餓死している現状について訴えました。
こうした子どもたちを含め、世界の8億5,200万人に十分な食物が行き渡っていない点を指摘しました。
地球そのものには、すべての人々に必要な食糧を供給するのに十分な農業生産性が備わっています。
問題は、適正な分配がなされていない点にあります。
これに関連してFAOが指摘している1つの要素は、世界各国が軍事費に莫大なお金を費やしていることです。
全世界で費やされている軍事費のうちの10%から15%ほどがあれば世界の飢餓をなくすことができる、とFAOは試算しています。

pickup

オーダーメイド ゴルフクラブ
http://www.again3.com/
遺品整理 神奈川
http://wecan-i.com/
軽井沢 土地
https://www.shinkofudousan.jp/
美容整形
http://www.kyoritsu-biyo.com/
ペット火葬 川口市
http://www.nansaikaikan.com/
児島 美容室
http://hunthair.jp/

2016/9/6 更新

Copyright (c) 2015 農業を考える All rights reserved.